2018年8月13日月曜日

盆カツ

お盆に入り、家の中の人口密度が一気に高くなります。でも、良いこともあります。一緒に食事を作ってくれる人が増えることです。

何年ぶりか、串カツを作りました。豚ヒレ・なす・たまねぎ・ピーマンを串に刺し、濃い目の水溶き薄力粉をつけ、パン粉をまぶします。本当は薄力粉→卵→パン粉の3層ですが、我が家は2層式。衣が厚くならず軽めにサクッと仕上がります。

欠かせないのは、自家製ソースと練り辛子かマスタード。ちょっと驚くくらい、ベッタリと辛子をぬり、ソースをたっぷりかける父。おィ!お皿の上にソースの海ができているよ!と心で叫ぶ盆の夜。

2018年8月10日金曜日

コーンブレッド

NHKのEテレ月曜22時から放送している「グレーテルのかまど」という番組をご存知ですか?有名な物語や映画に登場するスイーツや、偉人たちの愛した素朴なお菓子まで…その物語を紐解きながら素敵なスイーツを作ります。なかなか面白いです。

先日「コーンブレッド」がテーマの回があり、今夏とうもろこし狂になっている私は、即作りました。台風のおかげで涼しく過ごしているせいか、モソッとした粉ものを食べる事や、オーブンを使う事に抵抗がなく、何より材料も工程も簡単だったのです。

焼き立ては、ふんわり。冷めると生地がしまってモッソリするのですが、ポソモソする物のが好きなので、それはそれで美味しい。アメリカンスタイルで、メープルシロップをつけながら頂きました。とうもろこしの風味、最高!

2018年8月7日火曜日

干し上がりの塩梅

台風前の5日間、無事に梅干を干し終えました。「梅しごとクラス」に参加いただいた生徒さん達より、干す日数のご相談を受けました。クラスでは基本3日間とお伝えしていますが、干す環境や天気、梅の大きさにより、干しあがり方はその年によって変わります。

写真が、おおよその目安でしょうか。ぷっくりとしていた南高梅が、1/2とまではいかないまでも、2/3くらいの大きさにしぼみ、皺もたくさん寄っています。今年中に食べ切ってしまったり、冷蔵庫で保存したりするなら、しっかり干さなくても大丈夫です。

今年は梅が大きく、また、我が家は3年くらい寝かせるので、5日間しっかり干しました。お日様と梅の匂いのする、愛らしい梅干し。わが子のようです。

2018年8月4日土曜日

夏色

夏は仕事が立て込んでいるので、完全なOFF日はここ1ヶ月は取れない…なので、半日体が空いた時はなるべく外に出て、リフレッシュするよう心がけています。

友人との会食によく利用する、紅茶専門店『サブリエ』。先日、前から気になっていた信州そば粉入りのパンケーキを、スイーツ女子と共に楽しみました。

生のパイン・マンゴー・ブルーベリー・バナナがトッピングされ、ココナッツソースでいただく「夏色トロピカル」。そば粉をあまり感じさせないふんわり感、お食事としてもいけそうな甘さ、すごく美味しいココナッツソース…ツボでした。

連れはココナッツが苦手なのに、「これは好き!」と感動ではしゃぐ様子は、まさに夏色☆私まで楽しくなりました。

2018年8月1日水曜日

7月夏の膳クラス終了。

 昨日、7月「夏の膳」クラスが終了いたしました。今回は、なす・きゅうり・ピーマン・じゃがいも・ゴーヤと、夏の冷蔵庫に絶対にありそうな夏野菜のみで、メニュー構成しました。

しかし…だからこそ、これらの野菜でつくる毎日のおかずは、マンネリになりがち。普段とは違うお化粧をしてあげるだけで、夏の食卓の雰囲気がグッと変わります。

夏は、少し甘味・酸味・スパイスを加えて、食欲増進。生姜・にんにく・みょうが・青しそなどの薬味づかいも、大切ですね。食べながら体調を整える…ちょっとした工夫が、食療養の第一歩です。
次は、親子パフェクラス甘酒でカフェ風ランチクラスでお待ちしております。

2018年7月29日日曜日

とうもろこし狂

今夏も、とうもろこし生活を謳歌しています。今時期しか食べられない野菜というのはなんと儚く、そしてなんと力強い美味しさなのでしょう。

シンプルに蒸して食べるのが一番おいしいのですが、蒸しとうもろこしは我が家ではおやつの位置づけ。おやつの時間に、在宅していないことが多いので、日々のおかずとして使うことが最近は多いです。

実を削いで、自家製のBBQソースで炒めるのが大好物。とうもろこしだけの春巻きや天ぷらも、油の力で甘味と旨味がWで口の中で広がるので最高。ポタージュや味噌汁は定番中の定番です。

そんな、とうもろこし談義を先日生徒さんとしていたら、今夏「とうもろこしごはん」を炊いていないことに気がつきました。というわけで、今夜はとうもろこしごはん。2合に1本分の実を削いだものと、少し多めの塩で炊きました。

2018年7月26日木曜日

こめ女

食欲が落ち気味なこの時期も、なぜかお弁当箱に入れたごはんというのは、いつもより沢山食べられます。特にのり弁…醤油でしっとりしたのり、かつおぶし、山椒昆布の佃煮の組み合わせを2段重ねて、食欲全開!

お豆腐のハンバーグ、ナッツとピクルス刻んで入れたかぼちゃのマッシュ、紅生姜、きゅうりの漬物。夏のお弁当は、少し酸味のあるものをプラスすると、しょっぱいおかずやごはんのアクセントになって、箸が進みます。

夏の主食は、麺類になりがちという方が多いかもしれません。私は、暑すぎてごはんが食べにくいと感じる時以外は、昼と夜は絶対にお米派。お米、おコメ、おこめ…大好きです。

ブログ アーカイブ