2019年2月15日金曜日

私のバレンタイン

「六花亭」のストロベリーチョコホワイトは私の大のお気に入りです。家族・友人への気軽なプレゼントに、時折使っています。ミルクチョコレートコーティングのものもありますが、断然ホワイトチョコレートが美味しいです。さすが乳製品王国、北海道です。

甘さは控えめ、乳のコクある甘みといちごの酸味のバランスが感動的。輸入菓子や他ブランドでも、このチョココーティングのドライいちごを見かけますが、一線を画す美味しさがあります。

私はこれで、ホワイトチョコの魅力に目覚めました。上質なカカオバターと乳製品だからこそ出せる味…やはり、自分が納得するものを、プレゼントしたいですよね!


2019年2月12日火曜日

3月料理教室のご案内


発酵定食
醤(ひしお)・甘酒・味噌などで春の体調をととのえる ~
 
毎年恒例の麹クラスのリピートメニュー。1日のみの限定クラスです。
炊飯器でつくる甘酒と、醤油や味噌の原点と言われている「醤(ひしお)」づくりを体験(お持ち帰り有)。発酵食品を、おいしく気軽に取り入れる方法をお伝えします。

・甘酒づくりのデモストレーション
 …炊飯器で失敗しない作り方を伝授。玄米と白米麹で作る2種類の甘酒を試食。
・ひしお味噌 ※麹50gを仕込んでお持ち帰りいただきます(熟成期間:約1ヵ月)
 …大麦と大豆の麹、醤油を使って熟成。手軽にできる発酵食品。
・納豆と切り昆布の麹漬け
 …ザ・健康常備菜、ホカホカごはんにのせてどうぞ
・にんにん味噌
 …にんじん×にんにく!甘酒と味噌でつくるおかず味噌
・厚揚げの甘酒グリル
 …長年、我が家の定番料理。甘辛い味が後をひきます
・菜の花と干し椎茸の甘麹酢和え
 …甘酒を砂糖代わりに使った「ぬた和え風」
・甘酒みるくかん
 …濃厚でミルキーな甘みは乳製品の満足感以上の幸せ!?

 ※一部仕込んだものの提供、デモ中心のメニューもあります。
 ※植物性食材のみで仕上げています。

【日程詳細】
3月17日(日)11:00~14:00 旬菜工房くるみ
参加費:5000円 
定員:4~5名*女性の方のみ(女性のご友人・パートナー様とご一緒の場合、男性も可)
場所:旬菜工房くるみ(講師自宅)見沼区七里コミュニティセンター近く。駐車場有。場所の詳細は予約時にお伝えします。 

【申し込み方法】 ホームページの申込フォーム又は、info@syunsaikoubou-kurumi.jpまで以下の内容でメールをお願いいたします。
①クラス・希望日②名前③メールアドレス④連絡先⑤初参加or2回目以上⑥会場までの交通手段(予定)
定員に達し次第、締め切りとさせて頂きますのでご了承ください。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

2019年2月9日土曜日

ピカソル

ピカソルのクッキーを、久しぶりに通販で購入しました。右は定番の「マーブル」、ビターなココア生地とプレーン生地のバランスが絶妙で、絶対に外せない一品。合わせて季節限定の「いちごとクリームチーズ」も購入しました。

久しぶりにピカソルを覗いたら、グルテンフリーの風潮に合わせてか⁉上記の小麦粉の定番クッキーの食感そのままに、米粉のクッキーが発売されておりました。手前の真っ黒なものがソレで、炭と小豆入りの摩訶不思議なクッキー。

ピカソルのクッキーは、クッキーというよりスコーンのようなホットビスケットのような、モソッとした食感。おすすめは、トースターで少し温めて食べること!外はサクッ、中はフワッとして最高です。

2019年2月6日水曜日

気持ちが一番

気の置けない友人から、突然お茶のお誘い。何かあったのか?ちょっとドキドキしながら指定のカフェへ。

すると、先月迎えた私の誕生日を「遅くなってしまったけれど、細やかながら一緒に祝いたかった」との嬉しいサプライズ。

抹茶のシフォン、ヨーグルトのチーズケーキ風、干し柿のゼリーの盛り合わせと、玄米コーヒー。とっても甘さ控えめで、まるで彼女の優しい心をそのままスイーツにしたかのようなお味でした。

2019年2月3日日曜日

キムチクラス終了。

昨年から始めたキムチクラス、今年も多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。愛情込めて仕込んだキムチを、大切に持ち帰る皆様のお姿に、改めて自分も心を込めて手仕事に取り組もうと思う3回クラスでした。

キムチづくりに重点を置き、試食は1ヶ月熟成させたキムチと即席キムチ、ベジタブルビビンバとコンナムルスープというごく簡単なまかないを作りました。

辛すぎない旨味たっぷり植物性キムチ。体調を崩しやすい季節、発酵食品の力で体内環境を整え、外敵から身を守っていきたいですね。来月はいちごのフルコースでお待ちしております。

2019年1月31日木曜日

使えるんです

テンペは、インドネシア発祥の大豆をテンペ菌で発酵させた発酵食品。日本でもだいぶ認知度が上がり、ベジタリアンメニューには欠かせない食材として、スーパーでも手軽に手に入るようになっています。

写真の物も、近くのスーパーで手に入り、数個買い置きしています。厚めに切って粉をまぶし、油をひいたフライパンで両面こんがり焼き、醤油とみりんで照焼き風にするのは困ったときの定番料理。

常温で数か月保存できるので、災害時の備蓄用としても使えます。災害時用の食材は、普段から口にしている物が良いと言われています。賞味期限が迫ったら、日々の食材として活用…こまめに回転させれば、負担になりません。備蓄回転、心がけたいですね。

2019年1月26日土曜日

パンギフト

先日、誕生日を迎えた私。友人からのパンの贈り物は、贈られ贈り続けてのやりとりが10年くらいになるでしょうか…毎年とても楽しみにしています。

verite(ヴェリテ)」のパンは、本当にホッとする味。冬のキュッと締まった心身を、優しくほぐしてくれる…そんな魔法のようなパンです。

パンギフト、大切な人に送ってみませんか?自分に送ってみませんか?お勧めです。

ブログ アーカイブ